映画『ピーチガール』(松竹、2017年)

本日も例の如く映画を鑑賞してきました。『ピーチガール』を観ました。peachgirl-movie.jp上田美和の同名漫画の実写化です。そして私は原作未読です。あらすじをパンフレットから引用…しようと思いましたが、パンフレットが売り切れだったので公式サイトから…

笑える古典 R-指定ver.

1週間ぶりのブログ更新です。また古典の話を書きましょう。面白い(と思うもの)を見つけてきました。『日本霊異記』中巻「愛欲を生じて吉祥(きちじやう)天女(てんにょ)の像(かたち)に恋ひ、感応して奇(めづら)しき表(しるし)を示しし縁 第十三」…

免許更新

今日は運転免許の更新をしました。初回更新者なので2時間しっかりと講習を受けてきました。更新後の免許は「準中型免許」というものになっていました。今年(2017年)3月に施行された改正道路交通法でこれまでの普通免許、中型免許、大型免許に加えて、普通…

笑える古典

私のような者もツイッターなるものをしているのですが、面白いツイートが流れてきました。日本霊異記で一番笑ったのは、常栄というお坊さんと囲碁打ってた人が常栄が一手指すごとに「へえ、これが常栄師の碁の手ですかぁww」ってウザ煽りしまくってたら突然…

読んでいる漫画

ゴールデンウィーク中に何もなかったので更新しなかったのですが、昨日からいつも通りになったので更新を再開したいと思います。昨日、ジャンプSQ6月号を買いました。ジャンプSQ.(ジャンプスクエア) 2017年 06 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 集英社発売日: 20…

今日も今日とて

特に何もなかったので困ったものです。どうせゴールデンウィークなんて私などには関係ないのですから。

Tさんのこと

今日はABNさんとTさんとお酒を飲みました。言い出しっぺは私ですが、昨日「飲みたい」と言って今日実現するとは思いませんでした。一緒に飲んだTさんは(本人は否定しますが)かなり酒癖が悪い人です。今日、Tさんを家に送り届ける間にも、同じ話を繰り返し…

実写化、うまくいったパターン

漫画・アニメの実写化というのはすこぶる評判が悪いです。原作を読みまくった、あるいは観まくったファンからすれば、「これじゃないんだよ」と感じる実写も多いことでしょう。先日紹介した映画『ひるなかの流星』も漫画の実写です。きっと漫画のファンの中…

何もない

今日はこれといった出来事はありませんでした。強いて言うならラーメンを食べに自転車で出かけたのですが、私がラーメンを食べている最中に自転車が倒れて、付けていたライトの土台が壊れてしまったので、新しいライトを買うという無駄な出費をしたというだ…

コナンと小学館

明日、ゲオにDVDを返しに行くので、借りたDVDをもう一度見直していました。劇場版 名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード) [DVD]出版社/メーカー: ビーイング発売日: 2011/02/25メディア: DVD クリック: 3回この商品を含むブログ (2件) を見るこの作品には…

弘前さくらまつり

今日は弘前さくらまつりに行ってきました。ゼミの行事などで訪れることはありましたが、しっかりと花見をしたのは今日が大学入学後初めてだと思います。屋台で焼きそばなどを買い、あらかじめ買ったお酒とともに頂きました。なので、少々酔いながらこれを書…

盛り上がる日本中世の大乱

今、巷では応仁の乱が流行っています。応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)作者: 呉座勇一出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2016/10/19メディア: 新書この商品を含むブログ (16件) を見るこの本が火付け役となりました。かくいう私も発売直後に…

卒論題目発表会

今日は私の通う学科の卒論の題目発表会がありました。3年生の皆さんの卒論のテーマを知ることができて興味深かったです。それらのテーマの中で、特に興味があったのは『古事記』から死生観を読み取ろうというテーマです。ところで、「古事記」という語でアマ…

ABNさんとの映画鑑賞(後)

今日(4月24日)はABNさんともう一本映画を観ました。こちらもおそらくネタバレしながら感想を書いていくでしょうからご注意ください。二本目は『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』です。こちらもあらすじをパンフレットから引用しようと思いました…

ABNさんとの映画鑑賞(前)

今日は同級生のABNさん(かわいらしい女性です)と映画鑑賞に行きました。今日は観た映画の感想を書いていきたいと思います。無論感想ですから、ネタバレを大いに含むでしょうから、まだ御覧になっていない方はブラウザバックしてください。一本目の映画は『…

斉藤光政『偽書「東日流外三郡誌」事件』(新人物文庫、新人物往来社、2009年)

ブログに最初に書くものとしては「どうなのか」と感じなくもありませんが、昨日読了した本の感想を書いてみたいと思います。 偽書「東日流外三郡誌」事件 (新人物文庫 さ 1-1)作者: 斉藤光政出版社/メーカー: 新人物往来社発売日: 2009/12/07メディア: 文庫…